レーズンの食べ方

Perfumeさんはじめ、大好きな音楽・映画・舞台etc.紹介します♪

レーズン名でツイッターはじめました(AMEMIYA風) pams0920 です。よろしくお願いします。ほとんどつぶやきません(笑)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 最近! | main | 女スパイ >>

東京パフォーマンスドール

JUGEMテーマ:日記・一般
 

っというわけで、今回はあるアイドルグループを紹介します。



♪♪♪


私が中学・高校時代というのは、よくアイドル「氷河期」とかいっていますが・・・


いやいや・・・「超氷河期」でした。

もういまだ、語られないくらい、誰もしらないって人が多いくらいの時期。


だって、わが田舎のCD屋は、注文しないとアイドルのCDが入ってこないんですよ。

ってくらい、アイドルのCDがなかったんですよね。


認知がまったくされていなかった時代です。


音楽番組もどんどんなくなっていった時代でもあります。


アイドルにとって「テレビ」という媒体での活躍ができなくなってきた時代でもありました。


そういう中でアイドルというものに革命を起こしたのが「東京パフォーマンスドール」です。


略して

パードル

もしくは

TPD


原宿ルイードというライブハウスで

ノンストップで歌とダンスを繰り広げるライブ「ダンスサミット」を行いました。


宣伝を大きくするわけではなく、最初数名だった客数(ほとんど家族だったとか・・・)が

どんどん膨らんでいきました。

口コミによる効果です。


これがすでに1990年代前半でおきていたんですよね。


アイドルというのが、「身近な女の子がアイドルに」という感じの時代に

ある意味一石を投じたグループでした。


私はその当時田舎暮らしで、もちろんダンスサミットには参加したことがなかったので

パードルの凄さというのはテレビでみてって感じでしたけど


あの当時、武道館2Daysを成功させたアイドルはこのパードルくらいだったのではないでしょうか?


とにかくダンスが上手い、歌も上手い、ルックスもいい


っとなれば、注目されますよね。


私が知ったのは、ラジオ番組です。


あの・・・北海道の住んでいたのですが、アイドルの情報が乏しいかったんですよ、北海道のラジオでは。


なので、東京のニッポン放送にあわせて(かなりの雑音でしたが・・・)

伊集院光さんのラジオ番組で、アイドル情報をゲットしていて


その中で注目されているのがパードルでした。


元々、ダンス経験者も多く、ボーカルもたしかな人たちばかりでしたね。


有名どころでいうと篠原涼子さんです。


あと「DAYONE」の市井由理さんですね。


篠原さんは「ごっつええ感じ」にも出ていたし、当時から注目度は高かったと思います。


このパードルは


フロントメンバー



ライブメンバー



研修生


がおりまして、


フロントメンバーはAKBでいう、選抜メンバーに近い扱いですかね。


テレビに出たり、ソロ活動をしたり。


ライブメンバーは、ライブのみ参加していたメンバーです。


新人公演もあって、そこから正規のメンバーになったりしていました。


はい、AKBと同じようなシステムです。


CDなどのジャケットは主にフロントメンバーです。


そしてユニットも非常に多かったんですよね。(原宿ジェンヌとか私が好きだったのはViVAとか・・・)


男性っぽくて、女子受けしていたメンバーは川村知砂さん

歌・ダンスの評価が高く、玄人受けしていたのは、米光美保さん

いわゆるアイドルっぽくて、かわいらしさが売りだった八木田麻衣さん

バラエティやラジオでも活躍していた穴井夕子さん


そしてこのメンバーとまとめていたのが木原さとみさん


っというイメージでした。間違っていたら申し訳ないのですが

何より当時、CDや雑誌、ラジオでのうる覚えの情報からしぼりだしています。


アイドルが歌が上手い、ダンスが凄いというのって

ひつようかどうかというのはいまだに言われますが


このパードルのメンバーは、当時ではトップクラスに凄かったんですよね。


私は乙女塾という、このパードルの逆にあるアイドルも好きでしたが


CDを聞いてもクオリティの高さ、楽曲の良さというのは歴然としていました。


当時アイドルを目指していた私にとっては

乙女塾

ではなく

東京パフォーマンスドール

に入りたかったんですよね(笑)


やっぱり私の中では、歌やダンスをしっかりしているのが

アイドル

ってイメージなんですよね。


小室哲哉さんが関わっていたというのも大きいですね。


篠原さんのソロだけではなく、パードルの曲も数曲書いていますが

それが非常にあっているというのか、ダンスミュージックでありながらも

ボーカル力もいかせるという曲を書かせると

やっぱり小室さんは天才的だなって思うんです。


1990年代前半ですから、本当に小室ファミリーのさきがけのアイドルグループだったのかもしれませんね。


ちょっとだけ脱線しますが、AKBの派生ユニットDiVAの「月の裏側」のタイプBのカップリングの「infomation」は小室さんの作詞・作曲です。

この曲を聴いて、こういう曲のつくりはパードルもそうだったな・・・と懐かしさも感じました。それぞれのソロボーカルが非常に印象的な曲です。

好きな曲のひとつです。


っというわけで元に戻りますが(笑)

踊りながら歌うということで

客を集めたアイドルというのは1990年代にもいたんです。


CDの売り上げでも決していい結果ではなかったですし

何よりも、モーニング娘。よりも、AKB48よりも、メンバーの卒業・脱退が相次いだグループでもありました。


そして、びっくりするのが、メンバー7人による

アルバム同時発売!

(私は穴井さんと篠原涼子さんのアルバムを購入)


結構酷な企画ですよね。


それぞれの競争心が激しく

一部メンバーに語られているのが仲が悪かったこと。


CDが売れなかったというのもありますが

結構、大きなどころでのライブは成功しているんですが


CMなどで売れてから少したって

中心メンバーの卒業が相次ぎました。


当時から私が思っていたのは

この時期のアイドルの特徴とも言えると思うんですが


それほどグループに思い入れというのが、今のアイドルよりもなかったような気がします。


っというのは、売れれば卒業っていうのがあったので。


それにアイドルであることが、得にならないというのか。

今よりもそういう傾向が強かったような感じがします。


歌やダンスをするなら、アイドルという肩書きを捨てたいって感じはありましたね。


♪♪♪


ただ、東京パフォーマンスドールというアイドル集団は


テレビという媒体がなくても、歌やダンスがきちんとしていれば売れる!っていうのを示したグループでした。


何よりもかっこよかった!


以後、アイドルというのは少しの間、衰退していくのですが、モーニング娘。のように、テレビで活躍していくアイドルであったり


AKB48という劇場から発信していくアイドルであったり。


ネットの普及でさまざまなアイドルが出てきていますよね。


それこそ、ライブハウスで活躍していて、口コミで客を増やしていったという意味ではPerfumeだって同じですよね。


テレビという媒体から音楽番組が消えてから、この「口コミ」というのが有効であるとしめしたグループでもあります。


私が結構、歌やダンスについて書いているのは

こういう実力のあるアイドルグループを見てきているからかもしれません。


初期メンバーが卒業し、その後研修生が支えようとしましたが

なかなか上手くいかず、自然消滅的な消え方をしています。


5年もったのかな?


でもこれは、売れなかったというより

私が思うのは、「仲がいいグループは長持ちをする」ってことで

その人間関係的な部分があったのではないかと。


その研修生の中に仲間由紀恵さんがいたのは結構有名な話ですよね。

(実際、ライブというよりレッスンのみだったようですが)


大阪パフォーマンスドールもいましたよね。OPDといわれてましたね。

この母体が吉本でして、今のNMB48と通ずるものがあります。


いろんな意味で元祖というのか、そういうグループで

あったんだと思います。


本音を言えば、メンバーに対しては

卒業ではなく、もう少しパードルとして残っている人が多ければ

ちょっとは活躍を長くみることはできたと思う気持ちもありますが

でも当時の状況から考えると、それは難しかったのかもしれませんね。


なので今のアイドルというのは、そのグループに対しての思い入れというのが

強くて、ソロというよりもグループで活躍したい!って気持ちがあるのが

安心するというのか、まだまだ残っていけるだろうと思います。



これからはパードルの曲も紹介していきたいですね。

あの時代のアイドルの曲は、CDの売れ行きからするとあまり知られていないので。


♪♪♪


っで私の推しメンは篠原涼子さんでもありましたが


穴井夕子さんでした。


穴井さんは本を書いていて、それに思春期の私はえらい感動して

感想を書いたんですよ。

ファンレターってやつ。そもそもそういうことをあまりしないんですけどね。


それに返信をくれたのが穴井さんでしたね。

今でもその手紙は大事にとっておいています。


そして、現在AKBでは指原さん推しの私。



最近気づきました。

指原さんと穴井さんの共通点は

バラエティ担当だけではなく



二人とも・・・


大分県出身。




そうだ


大分へ


行こう!


どん。(笑)

Others | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

ペタ! 
で終わらせようと思ったけど読み始めたら・・・なげぇなげぇ!アツイアツイ!(笑)
まぁの人など言えないわけですが、どこまでいっても根は一緒です(^_^)
スー | 2011/08/08 11:39 PM
スーさん

コメントありがとうございます!

いや、こんな長文を読んでいただいただけでうれしいです。ありがとうございます。

根は一緒ですか?うれしいですね♪

こういうグループがあったことも知って欲しいとおもって書きました。
そうしたら・・・意外と長かった(苦笑)
レーズン | 2011/08/09 9:20 PM
こんばんは。
ご無沙汰しております。

TPDの話が出たので思わず書き込みしたくなりました。w

私もTPDはちょっとだけ聴いてました。ま、TK曲ですが。
「キスは少年を浪費する」と「ダイヤモンドは傷つかない」の2曲が好きでした。シングルCDも持ってます。w(今や時事系ブログと化した自分のブログで過去にその辺の話を簡単に書いたこともありました。HNにリンク貼りました。)

TPDは確かに、現在のAKBの活動方法の参考になってたでしょうね。

ちなみに私はボーカル2トップの米光&木原推しでした。w
akki | 2011/08/09 10:58 PM
akkiさん

久々です!
コメントありがとうございます。

いや・・・当時のファンがいてよかったです。しかも木原&米光推し!!!いいですね。どちらも素晴らしいボーカル力だったとおもうし

パードルでも小室さんが曲を書いたからこそ、売れたって思いますよ。
当時は久保こーじさんのアレンジャーでもありましたし、ラジオのパーソナリティーもしてましたよね。よく聞いてました(笑)

「キスは少年を浪費する」と「ダイヤモンドは傷つかない」はアイドルの曲に一石を投じましたよね。斬新でしたし、もちろん買いましたよ。

最近はDiVAというAKBの中でも歌とダンスがうまいグループに小室さんがカップリングですが曲を提供していましたが
やっぱり、いいです!!!ボーカルを活かす曲で、AKBでもいろんな人が曲を書けばいいのにな〜と思いました。
それを聞いてパードルを思い出したので書いたんです。

いや、反応がうれしいです!!!

akkiさんのブログもちゃんとチェックしていますよ。色々考えさせられますよね。はい。また、コメントします!!!
レーズン | 2011/08/09 11:10 PM
TPDは中学高校時代にとても好きでした。
特別アイドルが好きというわけではないのに
なぜかハマッてしまいました。

当時はどこに行くにもウォークマンで繰り返し聴いていたので、
同級生とあの頃の思い出話などしていると
自然とBGMとしてTPDの曲が自然とかかってきます。
今売り出し中のアイドルさんにこそ、
かつてこんなグループがあったことを知ってほしいですよね。
与市 | 2012/09/11 4:32 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック