レーズンの食べ方

Perfumeさんはじめ、大好きな音楽・映画・舞台etc.紹介します♪

レーズン名でツイッターはじめました(AMEMIYA風) pams0920 です。よろしくお願いします。ほとんどつぶやきません(笑)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 握手会レポート 2 | main | 握手会レポート4 >>

握手会レポート 3

JUGEMテーマ:日記・一般
 

そっ、そして・・・とうとうSKE48メンバーゾーン初潜入しました。



どうしても、握手というのか、お会いしたメンバーがいまして。


二人いるんですが、その一人、須田亜香里さん。



彼女の握手券もなかなか取れなくなっているようです。



たしかに、いろんなファンの人が須田さんのレーンで握手すると・・・



ファンになってしまうほどの対応。



ただ、あくまでも報告やレポートを読んでいると男性目線でグッときているって感じだったので


女性の私だったらどうなのかな?と。



あとはとにかくSKEってダンスのSKEと言われているくらいなんですが


須田さんのダンスは切れがあるし、表現力がすごいな〜とずっと思っていたんです。



私はやっぱりパフォーマンスがいいな〜って思う人に、感動したことを伝えたいと思って


増田さんとか梅田さん、あとはるごんにも握手会のときに感動を伝えたことがあります。



SKEのメンバーであと一人はだれって・・・かつおですよ。桑原ちゃん。


今度、絶対あってみたいメンバーです。



咲子さんとの握手が終了し、SKE48レーンへ行ったところ


激混みしていました。



SKEの人気は相当高いな〜と改めて感じました。



そして、あかりん(須田さん)レーンに並ぶと・・・



SKEは若い男性が多いな〜っという印象です。


あかりんレーンからW松井さん、平松さん、あとで見えたのが矢神さん。


まあ当たり前のことを書きますが、みんなかわいいし、きれい。



そして私の番です。



私「はじめまして」


あかりん「ありがとうございます!」


私「かわいいですね〜 かわいい!」



実は顔をほめる予定ではなかったのですが、実際みると


本当に可愛かったもんで。


あかりん「ありがとうございます!!!」


私「いつもダンスがうまいな〜と思って。凄いですね!」


ってほめたところで・・・


あかりん「もっと磨きます!だから見ていてください!!!」



この言葉にグッときちゃいました。



普通パフォーマンスをほめると、だいだい感謝の言葉なんですが


負けず嫌いのあかりんは違いますね。



いや、びっくりしましたこの反応。



私「うん、ずっと見ています!」


っていうちょっとひくような、ストーカー発言をしたのにもかかわらず(笑)



あかりん「みていてください。またきてね!!!」


私「またきます!」



咲子さん同様、あかりんも剥しがあってないようなものっというのか


自分のタイミングをちゃんともっているな〜と思いました。


それに持っている言葉がすばらしいな〜と。



正直、私は女性なので「私だけみていて!」なんて言われたらひいちゃうけど


ダンスのことに対して、まず「自分を磨きます!」っという発言とともに


「だからみていてください」


っという言葉の説得力。



あかりんと握手をして、ファンになっちゃう気持ちがすごくわかりました。


心、もっていかれますよね。これは凄いし


ますます注目をしてしまいますね。



いや、マジでファンになってしまった・・・(笑)



SKEメンバーはパフォーマンスも凄いけど、握手会での対応も私からみたところは


どのメンバーもとても丁寧かつ、これも場数をつんでいるからか


剥しがいても、ある程度自分でタイミングを考えて会話をしているという感じを受けました。



AKBメンバーは剥しの人のタイミングって感じなのが多かった分


今日の咲子さんの対応にはちょっとびっくりもし、SKEメンバーの握手会での対応をみて


それぞれちゃんと考えて、対応しているんだな〜と感心もしました。



続く



Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック