レーズンの食べ方

Perfumeさんはじめ、大好きな音楽・映画・舞台etc.紹介します♪

レーズン名でツイッターはじめました(AMEMIYA風) pams0920 です。よろしくお願いします。ほとんどつぶやきません(笑)
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< みんなのうた 風 | main | コントのような面接の経験があり >>

レーズンの勝手に洋楽でナイト!第1回

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんばんは〜


っということで、大好きな洋楽について書いていこうと思います。



私のブログは歌謡曲について多く書いておりますが・・・



原点っていえる音楽は洋楽なんです。


このブログで書くネタの多くはPerfumeであったり、AKB48であったりなので


読んでいる人たちの中には「洋楽???」って思う人もいらっしゃると思いますが


あまり興味がない人も、最後に紹介する動画をみてもらい、音楽を聴いてもらいえばな・・・と。



まずは洋楽との出会いからなんですが・・・


生まれたときからといいますか、私の両親は洋楽以外は聴きません。


未だに60を過ぎた母も、日本人アーティストで聞くのは宇多田ヒカルさんくらいです。


よく考えても、この両親からなぜアイドル好きな私が生まれてしまったのか?不思議なくらいです。


自分の子供(私)はピンクディーが大好きで


デパートや商店などでピンクレディーがかかると、ケイちゃんパートを踊ってしまい


集客してしまう(笑)娘だったので、困惑したらしいのですが


この踊り癖はうちの両親も、昔はディスコに通って遊んでいたからなんだと思います。


アイドル踊るなんて・・・なんと純粋な!


まあ、そんな話ではなかったんですよね。


そんな不良な両親は(笑) ドライブでも洋楽ばっかりでした。


友達の家でも、こういう音楽が流れているんだっておもっていたので


演歌ばかり流れていたのはカルチャーショックでしたし


友達もうちにくるたびに「なんておしゃれな・・・」みたいな感じでした。


洋楽って意味がわかりませんよね。英語だから歌詞の意味がわからない。


だから、曲に注目してしまう。


その曲のリズムを感じたり、ボーカルの凄さを感じたり。


もちろん、小さいころはそんな洋楽に違和感がなかったわけではなく


日本人ですからね。そんなんばっか聞いて・・・とおもったけど


今となっては、楽器を弾くきっかけやいろんな音楽を受け入れられるようになったのは


そういう環境で育ったからなんだと思います。


父はビートルズやクリーム、そしてエリック・クラプトンを


母はマイケル・ジャクソン、ジョー・コッカー、スティービー・ワンダーなどを


よく聞いていました。


洋楽でもちょっと違う好みだったような気がします。


ビージーズとか、シカゴとかね、そういうのも聞いていましたね。


小さいときにすきだったのは「シカゴ」というバンドでした。


かっこいいのもあったり、何よりフォーンセッションがあるバンドでしたから。


実際、ライブにもいったことがあって、本当に良かったです。



っで、私が軽音楽部に入ってから、親と違う洋楽の方向性を感じたことがあります。



それは・・・私は・・・



ハードロックが好き!


そうなんですよね・・・おそらく女性はあまりきかないような感じの曲です。



エアロスミスは元々好きですし、ディープパープルを爆音で聞くのも好きですが


どうも見た目が・・・



「家でケーキを作っていそうなイメージ」


らしいので、そんな話をすると、ギャップに驚かれるんですよね。


ギャップ萌えしてくれ、ギャップ萌え


って感じです。家でギターとかベースをガンガン弾きますが


ケーキは作ったことないです(笑)



ハードロックといえどもいろんなアーティスト、バンドがいます。


その中で今回はメジャーなバンドを紹介します。




軽音楽部などで楽器を演奏すると、テクニックももちろんですが


なによりも「表現力」というのか、ただ、音を出すだけじゃだめ!っという壁にぶちあたります。


そこがプロとアマの差なのかな?って。


今回紹介するバンドは、とにかくテクニックはプロ級のプロですが


それ以上にオーディエンス(ファン)とのライブでの一体感


盛り上がり方が半端ありません。




ファンとアーティスト、アイドルとの間には、紳士協定のようなものがあるし


昨今はどうしてもそこが厳しいというのか、なんというのか・・・


その中で「音楽」っていうものに酔うくらいのプレイスタイルであったり


楽曲ってなかなか生まれにくいのかな?とも単純に思ったりします。



私がファンになる条件というのが1つあって


それは上手いとか下手とか関係なく


私の中で、「凄い」って一瞬をもっているパフォーマンスをもっている人。


ブログが上手いとかラジオを面白いとか、そういうことがあることがきっかけでもあるんですが


そのきっかけで動画をみる、曲を聴く、PVをみる、ライブやコンサートに行く・・・という中で


どこか、グッとくるポイントなしでは、このブログで紹介はしません。



私がファンなのは、舞台の上にたっているアーティストであったり、


アイドルです。その人たちを舞台でまた見たいから応援するというスタイルです。



ドキュメンタリー性ももちろん大切だし、過去の努力も惹かれるポイントではあるのですが


今、あるそのパフォーマンスを舞台でみたいからこそ、応援する。


それだけなのです。



舞台からすばらしいパフォーマンスをし、オーディエンス、ファンを盛り上げる。


それが表現者の原点ではないでしょうか?


それを新ためて感じさせた動画であり、1曲です。




では、紹介しましょう。



メタリカ


「Enter Sandman」


http://www.youtube.com/watch?v=1QP-SIW6iKY

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック